解約どっとネット > 悪徳商法被害事例(手口)一覧 > アポイントメント商法

アポイントメント商法の被害・手口

はがきを出したら、喫茶店に呼び出された。道でアンケートに答えたら勧誘された。など、アポイントメント商法は訪問販売に位置づけられ、クーリングオフの対象になります。

スポンサーリンク

その1  アポイントメント商法被害の手口と被害者層

(手口)

「当選した」「アンケートに協力して」などと電話をかけてきて、いついつ何時ね!と喫茶店や営業所などに呼び出したり、通りで声をかけ展示会や事務所に連れて行き、結局は施設が安く利用できたり、ショッピングが割引になる会員権とセットでパソコンや宝石や学習教材など高額な商品を販売する悪徳商法。健康食品やエステの化粧品・補正下着なども販売している。
  電話で直接、妙になれなれしく声をかけてくるものや「今なら〜をプレゼント」とDMを送付して本人に電話をかけさせるパターンがあります。

(主な被害者)

若者(当選?〜がタダでもらえるの?ラッキー。行く行く〜)

今すぐ相談する!

その2 アポイントメント商法、販売員のうたい文句

(うたい文句集〜アポイントメント商法編)

  • 電話でアンケートをとっていますのでご協力ください
  • おめでとうがざいます!今回〜が当選しましたので、お電話しました
  • 見るだけでもいいから是非来てくださいね
  • 今ならなんと、〜をプレゼント これは、プレゼントだから・・・・(実は購入したことになっている商品です。)

今すぐ相談する!

その3  よ〜く考え、気をつけよう(チェックポイント)

(ホントに契約していいのか?)

  • 警戒させないよう友達みたいにしゃべってくる人もいるのでついつい...相手のペースにまき込まれないようにしましょう
  • 知らない人からの勧誘の電話は「興味ありません」と言って断りましょう
  • 当選、プレゼントなどのおいしい言葉にひかれても行かないようにしましょう。タダでは帰れません・・・

今すぐ相談する!

その4  被害に遭ってしまったときは?

(しつこい電話勧誘がとまらない・・)

電話がかかってきて困っている場合は、その電話はとらない。無視する。などの対処ですみますが、一度「契約する」と言ってしまうと、かなりしつこい・・・・「契約は口頭でも成立している!」と言ってきます。クーリングオフの書面を送って、ついでに電話勧誘禁止を伝えましょう。法的にも認められた禁止事項ということを相手にわからせるには、内容証明で!

(商品がおくられてきた!!)

 商品が送りつけられたり、契約してローンを組まされてしまった場合は8日以内にクーリングオフをすることができます。

(解約したいけど、契約したのは、もう、だいぶ前・・・・)

クーリングオフ期間が過ぎてしまった場合は消費者契約法等に基づいて解約を求めます。
>> 悪徳商法の解約知識

>> 6ヶ月〜2,3年経過してしまっている場合の解約の解説(しかた)

今すぐ相談する!

[ おまけ ]  悪徳商法被害事例(手口)一覧リンク

  スポンサーリンク

CategoryMenu

解約どっとネットホーム

相談・お問い合わせ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク