解約どっとネット > 悪徳商法被害事例(手口)一覧 > 送りつけ商法(ネガティブオプション)

送りつけ商法(ネガティブオプション)の被害・手口

とにかく、クレジット契約させてしまうことが目的です。よ〜く、見極めましょう

スポンサーリンク

その1  送りつけ商法(ネガティブオプション)被害の手口と被害者層

(手口)

ある日突然、自宅に注文もしていないのに書籍、雑誌、名簿などの商品が届き、請求書に関する書類が入っていた..というのが送りつけ商法(ネガティブオプション)です。代金引換郵便で届いたりもします

(主な被害者)

不特定多数

今すぐ相談する!

その2 送りつけ商法(ネガティブオプション)、販売員のうたい文句

(うたい文句集〜送りつけ商法(ネガティブオプション)編)

  • 購入しないときは、7日以内に送り返してください。送り返さないときは、購入したものとみなします

今すぐ相談する!

その3  商品が届いてしまったら?

(どうしたらいいの?)

  • 送りつけ商法は、クーリングオフする必要がありません
  • 届いた商品は未使用のまま14日間保管しておけば自由に処分してOKです
  • 業者に商品の引き取ってほしいと言っても引取りに来ない場合は7日後に自由に処分してOKです
  • 業者が返してくれと言ってきた場合は着払いで返送すればいいでしょう
  • 代金引換郵便の場合、うっかり支払ってしまうとお金を取り戻すことができませんのでご注意を!

今すぐ相談する!

その4  はっきりさせたいときは?

勝手に送られてきた商品は、買う意思がないので、それだけで契約が成立することはありませんが、 14日間の間に業者から電話があったり、保管しておくのも何か気持ち悪いし、ハッキリさせておきたいというときは、内容証明で不要なことを伝えましょう

今すぐ相談する!

[ おまけ ]  悪徳商法被害事例(手口)一覧リンク

今すぐ相談する!

 

相談・お問い合わせ

解約どっとねっとのホーム

相談・お問い合わせ

解約どっとねとアクセスランキングTOP10

特定商取引法 第17条 断った人への勧誘の禁止

特定商取引法の解説

消費者契約法 わかりやすく口語訳

特定商取引法 第9条 クーリングオフ

送りつけ商法(ネガティブオプション)の被害・手口

特定商取引法 第5条 書面交付(契約時)

催眠商法(SF商法)の被害・手口

クーリングオフ経過後の解約。不実告知・断定的判断提供・不利益事実の不告知契約の解除

消費者生活センターで納得できない場合

契約から2,3年経過した悪徳商法(悪質契約)の解約方法

解約カテゴリ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ