解約どっとネット > 悪徳商法被害事例(手口)一覧 > 点検商法

点検商法の被害・手口

販売目的を明らかにせず、親切っぽく家のあちこちを点検してくれます。特定商取引法の改正によって、販売目的であることを必ず言わなければならなくなります。それでも、、、気をつけましょうね。もちろん、クーリングオフの対象になります。

その1  点検商法被害の手口と被害者層

(手口)

屋根や床下などを「無料で点検してあげます」と近づいてきます。タダなら...と家に上げると「腐食が進んでいる」「シロアリがいる」「耐震基準を満たしてない」などと嘘を言って不安にさせ、実際にはまったく必要の無いリフォーム工事などを勧誘する悪徳商法です。更に手抜き工事で逆に家が破損したりして、追加工事を勧められて、またまた法外な請求をされることも多いです。
>>こんなふうに言われて、屋根コーティングしてしまいました・・・(涙)

(主な被害者)

特に、一軒家住んでいて、日中家にいる高齢者や主婦
  (無料で調べてくれるの?少し不安だったからちょうど良かったわ...どうぞ〜

今すぐ相談する!

その2 点検商法、販売員のうたい文句

(うたい文句集〜点検商法編)

  • 屋根瓦がずれてるから補修しないといけませんねぇ
  • これじゃあ、強い地震があったとき、倒壊してしまうかもしれませんよ
  • もってきたシロアリを見せて)シロアリいましたよ〜柱までやられてます、すぐにシロアリ駆除を!
  • 今なら、(実際は凄く高い)モニター価格で提供できますよ

今すぐ相談する!

その3  よ〜く考え、気をつけよう(チェックポイント)

(ホントに契約していいのか?)

  • タダより高くつくものはありません。タダでと言われても業者を家に入れないようにしましょう
  • 段から近所の人から信頼できる業者を聞いておきましょう(断るためにも!)
  • すぐに〜しなければ、と、考える余地を与えませんので注意しましょう

今すぐ相談する!

その4  被害に遭ってしまったときは?

(しつこく訪問してくる)

一度、点検商法に引っかかると、門柱などの目立たないところに、「カモマーク」を書かれます。これは、この家は、リフォーム&点検させてくれるよ!というマークです。家の周りをチェックしてみましょう。また、知らない人やセールスマンが来てもドアを開けないようにしましょうね。
  実家の老父母のもとに来る悪徳リフォーム屋はこうやって退治!

(契約してしまった!!)

 契約してしまった場合は契約してから8日間以内であればクーリングオフできます。 クーリングオフの期間内であれば使用してしまっていても、設置してしまっていても、工事がおわっていても解約できます。解約金や使用料を求められても払う必要はありません。 工事が済んでしまっている場合でも、業者の方に無償で元の状態に戻す義務がありますので解約は可能です。

(解約したいけど、契約したのは、もう、だいぶ前・・・・)

クーリングオフ期間が過ぎてしまった場合は消費者契約法等に基づいて解約を求めます。
>> 悪徳商法の解約知識

>> 6ヶ月〜2,3年経過してしまっている場合の解約の解説(しかた)

今すぐ相談する!

[ おまけ ]  悪徳商法被害事例(手口)一覧リンク

 

CategoryMenu

解約どっとネットホーム

相談・お問い合わせ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ