解約どっとネット > クーリングオフと解約 >  クーリングオフ適用除外

クーリングオフ適用除外取引

「クーリングオフ制度がある」、といっても、すべてが対象となるとは限りません。次のような場合はクーリングオフの対象外となるので注意して下さい。
スポンサーリンク

Step1 クーリングオフ対象にならない場合・取引は?

各種取引によって細かな規定はありますが、一般的に下記のような場合、クーリングオフの権利は、ないとされています。

  1. 法定書面を受け取ってから、クーリングオフ期間が過ぎてしまった場合(訪問販売などは8日、マルチ・内職商法については20日間など)
  2. 通信販売やインターネット取引であり、クーリングオフの規定がない旨記載されている場合
  3. 事業者として、営業のために契約した
  4. 海外にいる人に対する販売
  5. 国・地方公共団体が行う販売
  6. 特別の法律に基づいて作られた組合・連合会・中央会がその構成員に対して行った販売
  7. 事業者がその従業員に対して行った販売
  8. 自分からお店まで出向いて契約した (キャッチセールスなどで連れて行かれた場合は対象となります)
  9. 事業者を自分で自宅などに呼んで購入した(目的の物以外の商品を購入したときは対象になります)
  10. 3,000円に満たない現金取引

今すぐ相談する!

 

相談・お問い合わせ

解約どっとねっとのホーム

相談・お問い合わせ

解約どっとねとアクセスランキングTOP10

特定商取引法 第17条 断った人への勧誘の禁止

特定商取引法の解説

消費者契約法 わかりやすく口語訳

特定商取引法 第9条 クーリングオフ

送りつけ商法(ネガティブオプション)の被害・手口

特定商取引法 第5条 書面交付(契約時)

催眠商法(SF商法)の被害・手口

クーリングオフ経過後の解約。不実告知・断定的判断提供・不利益事実の不告知契約の解除

消費者生活センターで納得できない場合

契約から2,3年経過した悪徳商法(悪質契約)の解約方法

解約カテゴリ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ