現物まがい、預託等取引のクーリングオフ・中途解約の手続代行 【解約どっとネット・悪徳商法クーリングオフ】

解約どっとネット > クーリングオフ > 預託等取引

現物まがい商法・預託等取引のクーリングオフ・中途解約

預託の解約・・クーリングオフはお早めに!

Step1 預託等取引契約の特定商品とは?

物品(特定商品)

  • 一  貴石、半貴石、真珠及び貴金属(金、銀及び白金並びにこれらの合金をいう。)並びにこれらを用いた装飾用調度品及び身辺細貨品
  • 二  盆栽、鉢植えの草花その他の観賞用植物(切花及び切枝を除く。)
  • 三  哺乳類又は鳥類に属する動物であつて、人が飼育するもの

施設の利用に関する権利(施設利用権)

  • 一  ゴルフ場を利用する権利
  • 二  スポーツ又はレクリエーションの用に供するヨット、モーターボート又はボートを係留するための係留施設を利用する権利
  • 三  語学を習得させるための施設を利用する権利

今すぐ相談する!

Step2 預託等取引のクーリングオフ・中途解約

契約書面をもらってから14日以内でしたら、クーリングオフをすることができます。クーリングオフは書面で行う必要があります。

また、クーリングオフ期間が過ぎてしまったものに関しては、将来に向かって中途解約をすることができます。このとき、契約書に、違約金について記載されていたとしても、契約商品や利用権の価格の10%までしか、支払う必要はありません。

預託金返還については、請求してもなかなか返還されない場合もあり、問題になっています。業者側の経営が危うくなり、返還が事実上不可能になってしまったり、倒産してしまう場合もあります。解約をするつもりであれば、早めに手続をすることをオススメします。、

特定商品等の預託等取引契約に関する法律
(預託等取引契約の解除・クーリングオフ!)
  • 第8条  預託者は、第三条第二項の書面を受領した日から起算して十四日を経過したときを除き、書面により預託等取引契約の解除を行うことができる。この場合において、預託等取引業者は、当該預託等取引契約の解除に伴う損害賠償又は違約金の支払を請求することができない。
  •  
  • 2  前項の預託等取引契約の解除は、当該預託等取引契約の解除を行う旨の書面を発した時に、その効力を生ずる。
  •  
  • 3  第一項の預託等取引契約の解除があつた場合において、当該預託等取引契約に係る商品の返還に要する費用又は施設利用権を預託者に取得させるために要する費用は、預託等取引業者の負担とする。
  •  
  • 4  前三項の規定に反する特約で預託者に不利なものは、無効とする。
(預託等取引契約の中途解約)
  • 第9条  預託者は、第三条第二項の書面を受領した日から起算して十四日を経過した後においては、将来に向かつて預託等取引契約の解除を行うことができる。
  •  
  • 2  預託等取引業者は、預託等取引契約が解除された場合には、損害賠償額の予定又は違約金の定めがあるときにおいても、当該預託等取引契約が締結された時における当該特定商品又は施設利用権の価額の百分の十に相当する額を超える額の金銭の支払を預託者に対して請求することができない。この場合において、第三条第二項の書面に記載された商品又は施設利用権の価額は、預託等取引契約が締結された時における当該特定商品又は施設利用権の価額と推定する。
  •  
  • 3  前二項の規定に反する特約で預託者に不利なものは、無効とする。

Step3 交付書面と禁止事項

預託契約を締結するには、書面交付をしなければなりません。そこには、クーリングオフや中途解約に関する事項も記載しなければなりません。

交付書面は?

契約締結までに・・・概要書面

   契約の内容及びその履行に関する事項・概要
   会員制事業者の業務及び財産の状況に関する事項
   など。

契約締結に・・・・・・契約書面

特定商品の場合 施設利用の場合
商品の種類、数量及び価額 施設利用権の内容及び価額
預託を受ける期間 管理する期間
供与される財産上の利益の内容・供与の時期・方法
買い取る契約の場合は、買取価格 買い取る契約の場合は、算定方法
預託等取引業者が預託者から手数料を徴収する場合にあつては、その手数料の料率又は額並びにその徴収の時期及び方法
契約の解除に関する事項
損害賠償額の予定(違約金を含む。)に関する定めがあるときは、その内容
商品を預託者に返還すること(当該返還すること代えて金銭その他これらに代替する物品を預託者に給付することを含む。)を担保するための措置の有無及び当該措置が講ぜられている場合にあつてはその内容 施設利用権を預託者に取得させること(当該取得させることに代えて金銭その他これらに代替する物品を預託者に給付することを含む。)を担保するための措置の有無及び当該措置が講ぜられている場合にあつてはその内容

今すぐ相談する!

 

CategoryMenu

解約どっとネットホーム

相談・お問い合わせ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ