悪徳商法体験談 ニホン画廊で「アイベン・ロールの絵画」【解約どっとネット・悪徳商法クーリングオフ】

解約どっとネット > 悪徳商法被害手口事例 > 被害体験談 > 絵画「アイベン・ロール」被害体験談

悪徳商法体験談

業者や士業は自己責任とか、オトナなんだから・・とか、言うけれど、ホントに悪質で契約するまで帰してくれない業者はいっぱいある!!

事実関係を細かく把握し、伝え、法律構成をしっかりとして望むことにより、
悪徳商法のほとんどは、クーリングオフ期間が過ぎていても解約することができます。
泣き寝入りせずに、最後まで諦めずにがんばりましょう

人生初・悪徳商法被害「アイベン・ロールの絵画」

まだ、学生だった頃、バイト先に画廊の営業マンが来て、ヒロ・ヤマガタや、アイベン・ロールのシルクスクリーンを紹介していきました。そのときは、展示会のチケットを渡されて、バイトの帰りにその画廊に友人と共に行きました。(【ニホン画廊】です)

イロイロ、見て、3~4人くらいの販売員に囲まれ、一生にひとつくらい、自分の好きな絵画を持つことのスバラシサを延々と聞かされ、それでもいらなくなったら、将来はもっと価値が出ているから、売れる!これはね、投資目的で買う人もいるくらいだから、損は絶対にしないよ。

などと4,5時間。気がついたときには友人とは別のテーブルに座らされ、話を聞かされていましたね。

クレジット契約をしたんだけど、そのときに私の頭にあったのは、総額ではなくて、その絵画の値段と、月々にいくら支払うか?ということだけでした。

家に帰って、妙に支払い総額が大きいことと、その頃、「消費者金融=ヤクザ」だと勘違いしていた私は、なんだかコワクなって、次の日、画廊に電話をして、「解約したいんだけど・・・」と、一言。

本当はクーリングオフの書面通知しなければいけなかったんですね。でも、焦ってたし、クーリングオフの記載があったのかどうなのか、すら、今では、覚えていません。

引き落とし口座にはお金は入れず、ほんとに解約されたのかどうか、確かめることもできずに、2,3ヶ月ドキドキしてました。

たまたま、きちんと解約してもらえていたみたいでして・・・何事もなく今日に至ってます。

皆さんは、きちんと、クーリングオフしてくださいね。実際に、口頭でのクーリングオフは無視されている場合が多いです。

今すぐ相談する!

悪質商法の被害体験談

 

CategoryMenu

解約どっとネットホーム

相談・お問い合わせ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ