解約どっとネット > クーリングオフと解約 > 監禁による契約の解除

監禁による契約の解除(帰してもらえない)

しつこい勧誘が続き、展示会や販売店から帰してもらえず、しかたなく契約してしまったものは、クーリングオフ期間が過ぎていても解約できます

スポンサーリンク

その1 監禁(帰してもらえない)とは?

毛皮や絵画の展示会、宝石、エステなどの勧誘時に起こりやすいのが「監禁」です。

この場合の「監禁」とは、個室に閉じ込めらるというところまでの必要はなく、契約をしない・契約したくないことを伝えているにも関わらず、勧誘を続け、消費者を帰さない状況をいいます。

ひどい場合には、5〜6時間も勧誘が続くこともあり、夜中になってしまって、しかたなく契約してしまう方もいます。(特に若者・女性など)

このような状況で契約してしまった場合には、クーリングオフ期間が過ぎていても解約することができます。

具体的には、以下のような状況下で契約したものをいいます。

  • 帰りたいとの意思表示をしたのに帰してもらえず、契約してしまった
  • お金がない、買えないと言っても勧誘が終わらず契約してしまった
  • 身振り手振りで、不要なことを伝えても、勧誘が続き、契約してしまった
  • 契約しないと帰してもらえないと、感じて契約してしまった

脅されたりしなくても、不要であることを伝えていたにも関わらず、しつこく勧誘が続いた場合などがあてはまります。

今すぐ相談する!

その2 解約することができる期間

監禁があった状態を、法律用語で、「困惑」した状態と、呼びます。

この「困惑」が原因で、不本意な契約をしてしまった場合、クーリングオフ期間が過ぎていても解約をすることができますが、法律上、この「困惑」から解放された日から6ヶ月以内(契約日から5年以内)に解約をしなければならないことになっています。

ほとんどの場合には、「契約後、販売店から出た日」が起算日になるため、契約日から6ヶ月以内に解約申込をすることが必要だと言われています。

しかし、実際には、解約したいと強く思うようになるまでに、6ヶ月以上過ぎてしまうこともあります。そのような場合でも、勧誘時に言われた内容にウソがなかったか、また、言われたかったことで不利益なことはなかったか、など総合的に状況を整理・判断して、解約の申込をしましょう。

今すぐ相談する!

  スポンサーリンク

CategoryMenu

解約どっとネットホーム

相談・お問い合わせ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク