解約どっとネット > クーリングオフと解約 > 複数契約・過量販売契約の解除

複数契約・過量販売による契約の解除

常識で考えて、多すぎる量の契約については、クーリングオフ期間が過ぎていても解約できます

その1 過量販売に該当する契約とは?

解約ができる過量販売とは、以下のものいいます。

  1. 日常生活を送る上で、通常必要とされる分量を著しく超える契約。
  2. 業者が、『今回新たに契約を締結すると、その消費者にとって、日常生活上、通常必要とされる分量を著しく超えてしまうこと』を知っててする契約
  3. 業者が、『すでに、日常生活上、通常必要とされる分量を著しく超えてしまっていること』を知りながらする契約。

以上のような契約は、解約することができます。

業者が過量販売であることを、知らなかったと言うことがあります。できれば、知っていた証拠になるようなものがあれば保存しておきましょう。

今すぐ相談する!

その2 解約することができる期間

その1のような、複数契約・過量販売があった場合、その契約日から1年以内であれば、解約することができます。

この、1年以内であれば解約できる、というのは、特定商取引法に規定されている解約の権利です。ですから、過量販売だと感じたら、なるべく早い段階で、ご相談ください。

また、1年が経過してしまった場合、過量販売だから当然に解約できる、という権利は失われますが、その契約経緯や販売方法、商品の内容などによっては、消費者契約法の取消権を行使して解約することができる可能性も多々あります。

あきらめず、まずは、ご相談ください。

今すぐ相談する!

 

CategoryMenu

解約どっとネットホーム

相談・お問い合わせ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ