解約どっとネット > クーリングオフと解約 > 未成年者契約の解除

未成年者契約の解約

未成年者がした契約は、クーリングオフ期間が過ぎてしまっていても、解約することができます。

スポンサーリンク

Step1  未成年者契約の解約

未成年者契約

20歳未満の人は未成年者ですので、法定代理人(普通は親)の同意を得ないで契約したものについて、本人または法定代理人は取消ができます。内容証明郵便で取消しましょう。

但し、以下の場合は取消しできません。

  1. 結婚している場合
  2. 法定代理人(親など)が、目的を定めて処分を許したお金でその目的範囲内で使う場合(法定代理人(親など)の同意があったものとみなされます)
  3. お小遣いの範囲で買ったもの(契約したもの)

成人だとウソをついて契約した場合

未成年者が契約時に「自分は成人だ」、「親から許可をもらっている」などと、ウソをついて契約した場合、未成年契約でも取消できません

今すぐ相談する!

Step2 未成年者契約の取り消しと追認

未成年者契約を取消しする効果

契約は初めからなかったことになります(無効です)。販売業者は支払われた金額を返還し、未成年者は、残っている分だけでかまわないので、その商品を業者に返します。

ただし、生活必需品の場合は、残っている分だけでなく、全額分返還しなければなりません。

追認

未成年の法定代理人(親など)がその契約を認めた場合はもちろんのこと、契約したときに未成年でも、商品を受け取ったときや、代金を払った時には20歳になっていたら、成人になった本人がその契約を追認したとみなされて、取消すことができません

今すぐ相談する!

 

相談・お問い合わせ

解約どっとねっとのホーム

相談・お問い合わせ

解約どっとねとアクセスランキングTOP10

特定商取引法 第17条 断った人への勧誘の禁止

特定商取引法の解説

消費者契約法 わかりやすく口語訳

特定商取引法 第9条 クーリングオフ

送りつけ商法(ネガティブオプション)の被害・手口

特定商取引法 第5条 書面交付(契約時)

催眠商法(SF商法)の被害・手口

クーリングオフ経過後の解約。不実告知・断定的判断提供・不利益事実の不告知契約の解除

消費者生活センターで納得できない場合

契約から2,3年経過した悪徳商法(悪質契約)の解約方法

解約カテゴリ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ