解約どっとネット > 特定商取引法 > 特定商取引法条文一覧 > 第2条1項 訪問販売の定義

特定商取引法 第2条1項 訪問販売とは?

第2章 第1節 定義(2条1項〜3項)の2条1項を口語訳します

第2条1項 訪問販売とは?

第2条1項
販売業者・サービス提供業者が営業所等以外の場所で商品の売買契約やサービス、指定権利の提供契約をすることです。

また、営業所等以外の場所で呼び止められ営業所等に連れて行かれたり、販売目的を告げずに呼び出されたりして契約した場合(政令で定める誘引方法)には、営業所や店舗等での契約であっても訪問販売として規制の対象となります。

経済産業省令で定める「営業所等」とは?
  1. 営業所
  2. 代理店
  3. 露店、屋台店その他これらに類する店
  4. 前三号に掲げるもののほか、一定の期間にわたり、指定商品を陳列し、当該指定商品を販売する場所であつて、店舗に類するもの

政令で定める「誘引方法」とは?
  1. 電話、郵便、民間事業者による信書の送達に関する法律 (平成十四年法律第九十九号)第二条第六項 に規定する一般信書便事業者若しくは同条第九項 に規定する特定信書便事業者による同条第二項 に規定する信書便(以下「信書便」という。)若しくは電報により、若しくはビラ若しくはパンフレットを配布し若しくは拡声器で住居の外から呼び掛けることにより、又は住居を訪問して、当該売買契約又は役務提供契約の締結について勧誘をするためのものであることを告げずに営業所その他特定の場所への来訪を要請すること。
  2. 電話、郵便、信書便若しくは電報により、又は住居を訪問して、他の者に比して著しく有利な条件で当該売買契約又は役務提供契約を締結することができる旨を告げ、営業所その他特定の場所への来訪を要請すること(当該要請の日前に当該販売又は役務の提供の事業に関して取引のあつた者に対して要請する場合を除く。)。

訪問販売の例

  • 家庭訪問販売、
  • 職場訪問販売(職場責任者の書面承認を受けた場合は適用除外)、
  • キャッチセールス    
  • アポイントメントセールス(恋人商法も)
  • 展示販売(半日〜1日で移動するもの)
  • 催眠商法(SF商法)です。

「訪問販売」であってもこの法律の規制の対象とならないものもあります。それは

  • 営業のために商品等を購入したとき、
  • 消費者の方から商品等の購入をするつもりで業者を自宅に呼んだ場合
  • 店舗販売業者が行う御用聞き販売(単に注文を受けるだけで勧誘を行わないもの)
  • 店舗販売業者が過去1年間に1回以上取引のあった消費者と住居で契約した場合(百貨店の外商等)、
  • 無店舗販売業者が、継続的取引関係にある顧客(過去1年間に2回以上無店舗販売取引のあった消費者)と住居で契約した場合
  • 職場訪問販売でその職場の管理者の書面による承諾を受けて販売した場合等
  • 露店での販売や、屋台店での販売、仮説店舗での一定期間(2〜3日以上)にわたる販売等

今すぐ相談する!

訪問販売についての条文口語訳一覧

 

CategoryMenu

解約どっとネットホーム

相談・お問い合わせ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ