解約どっとネット > 特定商取引法 > 特定商取引法条文一覧 > 2条4項 指定権利の定義

特定商取引法 第2章 第1節 定義(訪問・通信・電話販売)

第2条4項をわかりやすく口語解説しています

第1節 定義

指定権利とは?

第2条4項
施設を利用したり、役務の提供を受ける権利のうち、国民の日常生活に係る取引において販売されるものであって、政令で定めるものをいう。

政令で定める「指定権利」とは?
  1. 保養のための施設又はスポーツ施設を利用する権利
  2. 映画、演劇、音楽、スポーツ、写真又は絵画、彫刻その他の美術工芸品を鑑賞し、又は観覧する権利
  3. 語学の教授を受ける権利

過去には、販売される商品・役務についても、指定商品・指定役務として列挙されていましたが、特定商取引法改正により、商品・役務については、限定することをなくし、権利についてのみ指定権利として限定されています。

今すぐ相談する!

 

相談・お問い合わせ

解約どっとねっとのホーム

相談・お問い合わせ

解約どっとねとアクセスランキングTOP10

特定商取引法 第17条 断った人への勧誘の禁止

特定商取引法の解説

消費者契約法 わかりやすく口語訳

特定商取引法 第9条 クーリングオフ

送りつけ商法(ネガティブオプション)の被害・手口

特定商取引法 第5条 書面交付(契約時)

催眠商法(SF商法)の被害・手口

クーリングオフ経過後の解約。不実告知・断定的判断提供・不利益事実の不告知契約の解除

消費者生活センターで納得できない場合

契約から2,3年経過した悪徳商法(悪質契約)の解約方法

解約カテゴリ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ