解約どっとネット > 特定商取引法 > 特定商取引法条文一覧 > 24条 クーリングオフ(電話勧誘販売)

16条17条18条19条20条21条21条222条 | 23条24条 | 24条2 | 25条

特定商取引法 第24条 クーリングオフ

第2章 第4節 電話勧誘販売(16〜25条)の24条を口語訳します

スポンサーリンク

第24条 クーリングオフ

第24条

事業者の電話勧誘行為をきっかけにして、指定権利や役務、商品(自動車を除く)などについて、契約の申込みをその電話または郵便等によってした消費者は、書面によってクーリングオフ(無条件解除)ができる。

ただし、消費者が第19条の書面を受け取った日から起算して8日を経過したときは、できない。

(申込者等が、販売業者が不実のことを告げる行為をしたことによりそれを真実だと誤認をし、又は、販売業者が威迫したことにより困惑し、それによつて8日を経過するまでに申込みの撤回等を行わなかつた場合には、再度、販売業者がクーリングオフについて記載して交付した書面を受領した日から起算して8日を経過するまでは、クーリングオフができる)

2項

クーリングオフは、当該申込みの撤回等に係る書面を発した時に、その効力を生ずる。

3項

クーリングオフがあつた場合は、業者は、その申込みの撤回等に伴う損害賠償又は違約金の支払を請求することができない

4項

クーリングオフがあつた場合は、契約の商品の引渡しが既にされているときは、その引取り又は返還に要する費用は、販売業者の負担とする。

5項

役務提供・定権利の販売業者は、サービスを提供後だとしても、その対価を請求できない

6項

役務提供事業者は、クーリングオフがあつた場合に、この契約に関連する金銭を受けとっているときは、申込者等に対し、速やかに、これを返還しなければならない。

7項

クーリングオフがあったときは、リフォームや、建造物も、無料で原状回復を請求することができる。

8項

前各項の規定に反する特約で申込者等に不利なものは、無効とする。

今すぐ相談する!

電話勧誘販売についての条文口語訳一覧

その他、電話勧誘販売については以下のような条文もあります

今すぐ相談する!

 

相談・お問い合わせ

解約どっとねっとのホーム

相談・お問い合わせ

解約どっとねとアクセスランキングTOP10

特定商取引法 第17条 断った人への勧誘の禁止

特定商取引法の解説

消費者契約法 わかりやすく口語訳

特定商取引法 第9条 クーリングオフ

送りつけ商法(ネガティブオプション)の被害・手口

特定商取引法 第5条 書面交付(契約時)

催眠商法(SF商法)の被害・手口

クーリングオフ経過後の解約。不実告知・断定的判断提供・不利益事実の不告知契約の解除

消費者生活センターで納得できない場合

契約から2,3年経過した悪徳商法(悪質契約)の解約方法

解約カテゴリ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ