解約どっとネット > 特定商取引法 > 特定商取引法条文一覧 > 32条の2 通信販売協会の業務の監督

26条27条27条227条327条428条29条29条2 | 29条3
29条4 | 29条5 | 30条 | 30条2 | 30条3 | 31条 | 32条 | 32条2

特定商取引法 第32条の2 通信販売協会の業務の監督

第2章 第5節 雑則(訪販・通販・電話勧誘)(26〜32条2)の32条2を口語訳します

スポンサーリンク

第32条の2 通信販売協会の業務の監督

第32条の2
通信販売協会の業務は、主務大臣の監督に属する
2項
主務大臣は、前条の業務の適正な実施を確保するため必要があると認めるときは、いつでも、当該業務及び通信販売協会の財産の状況を検査し、又は通信販売協会に対し、当該業務に関し監督上必要な命令をすることができる。
3項
主務大臣は、前項の命令をした場合において、購入者又は役務の提供を受ける者の利益を保護するため特に必要があると認めるときは、当該命令をした旨を公表することができる
4項

通信販売協会は、第一項の申出、当該苦情に係る事情及びその解決の結果について会員に周知させなければならない。

今すぐ相談する!

26〜32条2(訪問・電話勧誘・通信販売の雑則)条文口語訳一覧

第26〜32条2は、訪問販売・電話勧誘販売・通信販売の雑則についての条文です。

今すぐ相談する!

 

相談・お問い合わせ

解約どっとねっとのホーム

相談・お問い合わせ

解約どっとねとアクセスランキングTOP10

特定商取引法 第17条 断った人への勧誘の禁止

特定商取引法の解説

消費者契約法 わかりやすく口語訳

特定商取引法 第9条 クーリングオフ

送りつけ商法(ネガティブオプション)の被害・手口

特定商取引法 第5条 書面交付(契約時)

催眠商法(SF商法)の被害・手口

クーリングオフ経過後の解約。不実告知・断定的判断提供・不利益事実の不告知契約の解除

消費者生活センターで納得できない場合

契約から2,3年経過した悪徳商法(悪質契約)の解約方法

解約カテゴリ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ