解約どっとネット > 特定商取引法 > 特定商取引法条文一覧 > 58条2 不実告知による契約の取り消し

51条51条252条52条253条54条54条254条354条4
55条 | 56条 | 57条58条58条258条3

特定商取引法 第58条2 不実告知による契約の取り消し

このページでは 第5章 業務提供誘引販売(51〜58条3)の58条2を口語訳します

スポンサーリンク

第58条の2 不実告知による契約の取り消し(業務提供誘引販売)

第58条の2
相手方は、業務提供誘引販売業を行う者がその業務提供誘引販売業に係る業務提供誘引販売契約の締結について勧誘をするに際し次の各号に掲げる行為をしたことにより、当該各号に定める誤認をし、それによつて当該業務提供誘引販売契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたときは、これを取り消すことができる。
  1. 第五十二条第一項の規定に違反して不実のことを告げる行為 当該告げられた内容が事実であるとの誤認
  2. 第五十二条第一項の規定に違反して故意に事実を告げない行為 当該事実が存在しないとの誤認
2項
第九条の三第二項から第四項までの規定は、前項の規定による業務提供誘引販売契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消しについて準用する

今すぐ相談する!

業務提供誘引販売についての条文口語訳一覧

第51〜58条3は、業務提供誘引販売についての条文です。

今すぐ相談する!

相談・お問い合わせ

解約どっとねっとのホーム

相談・お問い合わせ

解約どっとねとアクセスランキングTOP10

特定商取引法 第17条 断った人への勧誘の禁止

特定商取引法の解説

消費者契約法 わかりやすく口語訳

特定商取引法 第9条 クーリングオフ

送りつけ商法(ネガティブオプション)の被害・手口

特定商取引法 第5条 書面交付(契約時)

催眠商法(SF商法)の被害・手口

クーリングオフ経過後の解約。不実告知・断定的判断提供・不利益事実の不告知契約の解除

消費者生活センターで納得できない場合

契約から2,3年経過した悪徳商法(悪質契約)の解約方法

解約カテゴリ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ