解約どっとネット > 新聞記事等原稿 >マルチ商法など解約(特商法の改正)

マルチ商法など解約(特商法の改正)

マルチ商法を勧められ会員になり、70万円近くの健康食品や洗剤類を購入しましたが、どうしてもこのまま続けていく自信がありません。

退会したいと言うと、クーリングオフ期間が過ぎているから退会できないと言われました。

商品はダンボールに入ったまま部屋においてあります。このままクレジット支払をし続けていくしかないのでしょうか?助けて下さい。

こういった被害が多いため、十一月に、マルチ商法や点検商法などを規制する法律が改正されたばかりです。

まず、マルチ商法についてですが、いつでも「退会」することができるようになりました。

その場合、

  1. 入会後年未満であること(取引条件の変更は除かれます)。
  2. 商品の引渡しを受けてから90日未満の商品であること。
  3. 商品を再販売していないこと。
  4. 商品を使用又は消費していないこと。
  5. 自らの責任で商品を滅失又はき損していないこと。

という条件がそろっていれば、商品販売契約も解除でき、返品して購入価格の90%相当額の返金を受けることができるようになったのです。

契約が法律改正前であれば、適用されませんが、それでも、入会時の話しと実際が異なるなど、個別に解約条件があれば返品することができます。

このような、悪徳商法の被害相談は、 「解約どっとネット」https://www.kaiyaku.net/で、メール無料相談をご利用いただけます。消費者問題専門法律家の意見を聞いてみてくださいね。

マルチ商法被害の手口などは、こちらのページへマルチ商法の解約概要についてはこちらのページ(また、クーリングオフ経過後でも、あきらめないでね。)

今すぐ相談する!

2004年2月14日
宇部日報新聞掲載

☆身近なトラブルQ&A☆


2005年2月24日
福島民友新聞
「TOUCH(タッチ)」掲載

☆身近なトラブルQ&A☆
 

CategoryMenu

解約どっとネットホーム

相談・お問い合わせ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ