宗教からの退会・脱会

宗教は憲法で守られた国民の自由です。しかし、近年、その勧誘が強引になり、ときにトラブルへと発展してしまう場合もあります。
自宅や実家の周辺をうろうろされたり、見張られたり、夜中・早朝など時間を問わず訪問を受けたり、十時間以上に及ぶ監禁のすえ、入会してしまう方も少なくありません。
特に、近年、多様化した宗教の勧誘に悩まされている方からのご相談が増えています。
入会も退会も何を信じるかも、個人ひとりひとりの権利です。内容証明を利用して、自分の権利・自由を守りましょう

  1. 宗教勧誘のきっかけ
  2. 勧誘から入信まで
  3. 入信してしまうと、なかなか脱退・退会できない
スポンサーリンク

宗教勧誘のきっかけ

宗教勧誘を受けやすい環境や状況がありますので、そういう状況になった場合には、本当にその宗教に入信したいのかどうか、一時の気の迷いではないかよく考えてみてください。

以下のようなときに、勧誘に遭いやすく、安易な気持ちで入信してしまいます。

  1. 地元を離れ、一人暮らしを始めたばかり(大学入学時、就職後、特に4月~6月頃に勧誘に遭いやすいです)
  2. 親や兄弟、配偶者を亡くしたとき(とても親切にしてくれて、落ち込んだ気持ちを立て直してくれるかもしれませんが、勧誘されます。断りにくい人間関係になっています)
  3. 一人で夜中に街をうろついているとき(迷いや悩みがあると思われるのかもしれませんが、意外と夜中に声をかけられて勧誘されることが多いです)
  4. サークル活動の延長で勧誘を受けます
  5. 久しぶりな感じで電話で呼び出され喫茶店などで勧誘がはじまります
今スグ相談

宗教勧誘から入信まで

いったん、宗教勧誘を受けると、宗教内で位の高い人と会わされるようになり、宗教の支部、会館などに連れていかれます。そこでは、宗教によりますが、広告塔となっている芸能人などのDVDやビデオを見せられたり、本堂や館内の様々な設備を見せられたりします。

勧誘してくる人の、これまでに起きた不幸な話を聞かされ、そこからどのようにして立ち上がったのか、それには、この宗教・教えが必要だった、など、内容は様々です。
もちろん、この宗教がなかったらどんなに悲惨な暮らしになっていただろう、という話もありますから、少々恐怖心も芽生えたりします。

基本的に、皆、とても親切に対応してくれます。ですので、断りずらくなりますし、この団体に自分の加入していたいと思うようになる人もいます。

まれに、勧誘者がとてもしつこい場合、会社・学校・自宅・実家などにもやってくることもあります。

今スグ相談

入信してしまうと、なかなか脱退・退会できない

入信すると、そこからさまざまな費用がかかります。

高額なお布施、指導書、扇子、仏壇、数珠、など様々ですが、多い人で入信時に80万円ほど支出してしまった方もいます。

我にかえって、いざ、やめたいと思ったときには、すんなりと退会・脱退することはできません。

退会の意思を伝えても、夜に訪ねてきたり、そこで居留守を使うと、玄関のドアを蹴られたり、学校・会社にも頻繁に訪ねてこられ、通常の日常生活ができなくなることもあります。

宗教の自由は誰にでも認められた権利ですが、自分だけではどうしようもなくなることもあります。本部へ内容証明で意思表示をして退会手続きをとることをお勧めします。

今スグ相談
スポンサーリンク

CategoryMenu

解約どっとネットホーム

相談・お問い合わせ

▼クーリングオフ・解約のしかた

クーリングオフの基本

クーリングオフ経過後の解約

悪徳商法手口・被害事例

悪徳商法商品一覧

▼消費者保護の法律

特定商取引法

消費者契約法

割賦販売法

▼おすすめ

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク